重要:2017年9月16日(土)から22日(金)にお問い合わせ頂いたお客様へ

弊社メールシステムの不具合により、お問い合わせ内容が届いておりませんでした。大変申し訳ありません。

現在、システムが復旧しましたので、お手数お掛けしますが再度、ページ下部の お問い合わせ からお問い合わせ頂くか、 welcome@plastics-jp.com までメールをお送り頂けますよう、お願い致します。

PLASTICSモノづくりのプロ集団 規格から加工・印刷・管理・発送まで一貫体制のプラスティックス 製造コスト最大30%減 売り上げググっとUP!考えていたモノがカタチになった!!広告代理店の販促担当者様、製造業の工場長様、商品企画担当者の方へ。モノづくりをもっと簡単に。製造コストをぐーんと削減しませんか?

以下に該当する方、要チェックです。

そのお悩み・・モノづくり20年、製造実績24,000点以上のプロ集団プラスティックスが解決いたします!

あなたのお悩みを教えてください!

ご相談はこちらから:受付時間 9:00~17:00(土日祝休み)

メールでのご相談はこちら

お客様の問題解決のお手伝い!

解決事例 CASE1 製造コスト30%削減! 某国内製造メーカー様

色々な事情があり、以前から海外で部品製造を行っていました。成形の歪みや表面のひずみ、インクののりが悪い等、様々な問題が噴出。ほとほと困り果てていました。

プラスティックスさんに相談したところ、もともとの製造方法や素材選びが目的とあわないことが原因だとアドバイスを受けました。製造方法に関しては、射出成形で取り組んでいましたが、板加工でも十分製造可能ということを知り、早速導入。

今までより1部品あたりの製造単価は若干上がりましたが、不良率も下がり、また国内製造ということで海外からの輸出費、管理費用もあわせると、トータルで30%の製造コストダウンに成功しました。

解決事例 CASE2 製造コスト20%削減! 某化粧品メーカー様

店頭ディスプレイの企画をしていましたが、サンプルを製造している段階でどうしてもディスプレイの加工コストが割高になってしまい、困っていました。

なんとか予算内で収まらないかと、いろんなところに相談した結果、プラスティックスさんに辿り着きました。

今まで考えていた製造方法ではなく、板加工と成形をうまく組み合わせた方法のおかげで、製造コストが20%も削減でき、おかげさまで販促キャンペーンも無事に終えることができました。

解決事例 CASE3 管理コスト15%削減! 某化粧品メーカー様

今まで作っていた店頭ディスプレイは、社内の管理部で部品、製造、配送まで全て手配していました。

素材ごとに発注先を変えて手配していたので、一つ組み立てるまでの人件費、管理コスト、負担が大きかったんです。

プラスティックスさんに相談したところ、異素材の発注、製造、管理まで全て一元管理でしていただけると提案をいただきました。
その結果、今までかかっていた管理コストを15%も削減できました。

本当に困った・・・。でも相談する相手がいない・・・。自分でなんとかするしかない・・・。大丈夫!当社にお任せください!!あなたのお悩み解決できます!

あなたのお悩みを教えてください!

ご相談はこちらから:0776-33-3111/受付時間 9:00~17:00(土日祝休み)

メールでのご相談はこちら

申し遅れました。私たちはモノづくりの町、福井県にあるプラスティックスと申します。

東京、福井を拠点に、海外でも企画力・技術力・生産力を発揮するグローバルネットワーク

当社は創業以来20年以上プラスティック、アクリル、樹脂製品を加工し、店舗什器、ディスプレイの企画・製造を行っています。商品開発、安定した量産体制を可能にし、現在では東京、海外にも拠点を置き、世界中でお客様のモノづくりのお手伝いをしている会社です。

まずは当社の実績をご覧ください

まずは当社の実績をご覧くださいまずは当社の実績をご覧ください

大切なお客様から推薦のお言葉をいただきました。

ディスプレイ什器からショウケースまで店内の空間をトータルでご提案致します!

あなたのお悩みを教えてください!

ご相談はこちらから:0776-33-3111/受付時間 9:00~17:00(土日祝休み)

メールでのご相談はこちら

信頼できる、日本の大企業だと思います。グローバルな世界を見せてくれました。

Hacoa 代表取締役 市橋 人士様

1962年産声を上げた、福井の山口工芸様。2001年には木のぬくもりを活かしながら「箱」「空間」を創造し続けるメーカーとしてHacoa事業部設立。木製のiPhoneケース、人気ドラマで使用された木製のキーボード等、その製品を愛する人は国内だけでなく海外にまで広がっています。最近では話題の商業施設「KITTE」内にも直営店を構え、多くのファンを虜にし続けているHacoa様。代表取締役の市橋様にお話を伺いました。

Hacoa様について、教えてください。

Hacoa様写真

会社があるこの鯖江の河和田地区は古くから漆器の町として栄えていました。
現在でもたくさんの漆器会社があります。
当社も漆器製造を行っており、いろんな商品を製造しておりましたが、その中で伝統産業だけを続けていくことに不安を覚えていました。

「このままでいいのだろうか?」
「新しい何かを生み出さないと廃れていってしまうのでは?」

葛藤と不安の日々を過ごしている中で、見つけたのは古いしきたりにとらわれず、
また、常識にとらわれずに行動すること。
それが「Hacoa」ブランド創立のきっかけになったんです。

Hacoa様写真
上:
ドラマでも使用された木製キーボード。
ただそこにあるだけで優しい空間を演出してくれます。
Hacoa様写真
右:
東京駅丸の内にオープンした日本郵便が手がける商業施設「KITTE」
全国から厳選された銘品、名店が出店。Hacoa様の直営店も出店、
毎日たくさんの人がHacoaブランドの商品を求め来店しています。
Hacoa様写真
左:
Officeの1階には Hacoaブランド商品が数多くディスプレイ。木のぬくもりが部屋全体を包み、癒しの空間を演出。

市橋社長が仕事をしていて一番楽しい瞬間はいつですか?

私の仕事は「社員が過ごしやすい(笑顔があふれる)環境を作ること」だと思っています。
スタッフが自分たちだけで考え、行動し、それが実績につながる。
それが何より嬉しいですね。
企業なので良いときもあれば悪いときもあります。だから良いときが続くように頑張る。
良いときが続くためにはやはりお客様に喜んでもらうことが一番。スタッフにもそれをしっかり伝えています。

プラスティックスとのきっかけは?

そうですね、お付き合い自体はかなり前から、18年ほど前ですかね。
元々は当社がプラスティックスさんから製作依頼をいただいており、そこからいろんな形で今までおつきあいさせていただいております。

当社を初めて知ったとき、どんな印象を受けましたか?

だいぶ前なので正直覚えてないですが(笑)
そのかわり、一緒にお仕事をさせていただいている中で、たくさんの学びがありましたね。
元々当社は下請けでしたので、元請けの会社様が言われたことをただひたすらこなすことを続けていました。
でも、それじゃだめだということに気づかせてくれたんです。
プラスティックスさんはお客様に対してどんどん提案をされている。そういう「伝える」姿勢を見て、我々も変わっていかなければいけない、このままじゃいけないと思いました。

また、まだまだ小さい会社だった当社が一緒に仕事をしながら大企業の仕事を肌で感じることができました。

どのようなところが参考になりましたか?

Hacoa様写真

山に囲まれた大自然の中に、開放感あふれる社屋。緑と光りに包まれた素敵な
Office。インタビューもそのような素晴らしい環境の中で行いました。

一番は製品に対しての品質維持。当たり前のことではあるのですが、木製商品は後でも修正できたりします。反対にプラスティックスさんが扱うアクリル等は傷が一つついただけでNG。一発勝負の世界ですよね。細部まで気を使いながら商品を作り出す。
あとは「生産管理」。大量生産する上で絶対不可欠の要素だと思いますが、プラスティックスさんはさすが、一貫体制を敷いているだけあり、徹底した商品の管理、生産工程の管理をされていた。ここは本当に勉強になりました。
仕事を肌で感じることができました。

また、まだまだ小さい会社だった当社が一緒に仕事をしながら大企業の仕事を肌で感じることができました。

実際にお取引されて良かったところはなんですか?

とにかく「品質の高さ」と「安心感」があるところですね。
世界に一つだけの商品を作るのと違い、多くのお客様に愛されるためには一つ一つの商品のクオリティーも当然求められます。そういう部分ですごく信頼しています。

最後にプラスティックスに期待することを教えてください。

私はプラスティックスさんはモノづくりにおいて信頼できる日本の大企業だと思っていますし、こなす力は日本でもトップレベルだと。これからもよろしくお願いしますって言う感じですかね(笑)

市橋様、お忙しい中ありがとうございました。 取材日時2013年6月

Hacoa様写真

会社概要
有限会社 山口工芸
業務内容
【製造部】
越前伝統工芸漆器製造・販売、木製商品インテリア、ディスプレー製造・販売、
ホテル用調度品、備品等の企画、製造、3Dサーフェースモデリング、看板製作
【Hacoa事業部】
販買促進商品の企画製造、デザイン商品企画開発、商品販売マーケティング、
海外輸入販売事業、ホームページ作成、講習、管理 
住所
福井県鯖江市西袋町503
HPアドレス
http://www.hacoa.com

株式会社ウォンツを起業、パソコン教材販売で日本一を達成され、現在はJewe.La株式会社を立ち上げ、日本の伝統産業を取り入れた新しいモノづくりを展開している鈴木社長にお話を伺いました。

当社は「普遍」+「革新」=「新しい文化の創造」を理念に伝統産業、地場産業と コラボレーションをして、若者達に「かっこいい!」「かわいい!」と言われるような商品づくりをしています。最近では新しいアクセサリーとして「CACHU+LaⓇ(カチューラ)」を開発し、福井の伝統産業「越前和紙」と「カチューシャ」を融合させた「和チューラ」は、日本経済新聞社様にも紹介していただきました。
プラスティックスさんとはアクリル製のカチューラⓇの開発に協力していただいてます。

鈴木社長のこれまでのご活動について教えてください。

jewe.La様写真

2000年に創業したパソコン教材制作販売のウォンツの会長であり、今はJewe.Laやその他数社の社長をして、
また「一途」という3兄妹バンドのリーダーでもあり、FM福井で「福井あばさけビジネス道」というラジオ番組のパーソナリティーをしたり、とにかくいろんなことをしています(笑)


本当にいろんなことをされていますね。どこにそんなパワーがあるのでしょうか?

一貫して思っているのは「よりよく生きようぜ」「生まれて良かった」と本気で思える環境を作りたいということ。人の役に立って喜ばれたいし、商品や音楽、僕という存在を通して元気が出たと言ってくれると本当に嬉しい。
先日東日本大震災の被災地である石巻に行くことがありました。
被災者の方からお話を聞くと、とても辛いですが、生きていく希望を失い、被災後の自殺者が後を絶たないそうです。
しかし、そのような辛い環境の中でもたくましく生きていらっしゃる方もいました。
僕らが出会った、仮設住宅にお住まいの72歳の男性が「前向きに頑張ろう」「津波の憂き目を吹き飛ばそう」というコンセプトで「団地音頭」を作詞され、僕ら一途のバンドが作曲をさせていただき、仮設住宅に住まわれる皆さんの前で歌ったんです。
そうしたらね、みんな輪になって歌いながら笑顔で踊ってくれたんです。
「辛いことがあってもくじけない。」そんな世界を一日でも早く作っていこうという想いが僕のパワーの源だと思っています。

当時の様子が新聞で紹介されています。三陸河北新報社様
http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130529t13009.htm

プラスティックスをどこで知りましたか?また、どんなことで悩んでいましたか?

Jewe.Laを立ち上げたとき、いろんな商品づくりをしていきたいと考えていました。頭の中ではたくさんのアイディアが浮かぶけど、
具体的に商品化するためにどうしていいのかわからなかったんです。
そこで知人にどこかいい会社を紹介してくれないか?と聞いたところプラスティックスさんを紹介してくれたんです。

今まで自分が行ってきたビジネスと全く違う「モノづくり」の世界。
正直初めての世界なのでものすごく不安でいっぱいでした。

当社を初めて知ったとき、どんな印象を受けましたか?

営業部長の小竹部長さんにお会いしたとき、もうね、「すごい!」という印象しか生まれませんでした(笑)
とにかく「モノづくりへの熱い姿勢」が半端ないんですよ(笑)
僕自身も結構スピードを重視するタイプなんですが、小竹部長のスピード感には驚きました。
僕たちがこんなモノを作りたい、創造していきたいって伝えたら
「すぐやりましょう!」
「当社にならできます!」
とぐんぐん話を進めていくんです(笑)

でも、営業的に売上を上げようとかいうようなそんな感じではなく、「世の中をあっと驚かせたい、面白いモノを創りたい!」という 僕らの想いと一緒で、まっすぐで真剣な気持ちをすごく感じました。

そしてとにかく親身になって話を聞いてくれること。
できるかどうかわからないと不安な僕にもどうやったら「できるか」を一生懸命考えてくれました。

第一印象からやられましたね(笑)

すぐにお取引されましたか?されなかった場合、どんなことが不安要素でありましたか?

jewe.La様写真

「不安要素」なんか無かったですよ。
反対にあったら聞かせてほしいです(笑)
知人からは他の会社も紹介を受けて、話をしたんですが、他社は全て
「うちではできない」「忙しいからちょっと・・・」みたいに消極的だったんですね。
でもプラスティックスさんは違ったんです。

とにかくまずサンプル作りましょう!って(笑)

これが劇的に大きいですね。
頭の中でしか存在しなかった物が現実世界でカタチになって現れるんです。
もちろん最初から思っていた物ではありませんでしたが、「ここを少し直せば・・」「こんな触り心地になるんだ」とかいろんなことに
気づかせてもらいました。だからどんどん次に進めたんです。
なにより思っていた物がカタチになる喜びが嬉しかったですね。

プラスティックスを選んだ決定的な理由は何ですか?

全部で5つあります。
まずは「人」
小竹部長をはじめとする、モノづくりのプロフェッショナル達が全力でサポートしてくれる。だからすごく安心しました。
次に「技術力」
「こんな風にしたい」と伝えただけでカタチにしてくれる。他には「スピード」「提案力」はとても助かりました。
ひとつのアイディアにとどまらず、僕では見えなかった部分を含めて商品化する上での提案をどんどんしてくれる。
PlanAがだめならPlanB、そしてPlanC。
本当に頼りになります。
最後は「価格」かな(笑)
これはやっぱり大事でしょ(笑)

実際にお取引されて良かったところはなんですか?

思い描いていた以上のモノができた!これに尽きます。
最初の自分のアイディアがカタチになり、大量生産への道が見えたことが嬉しいですね。
また、当社理念である地場産業とのコラボレーションが達成できたこと。
やっぱり地元の企業とモノづくりができるのは楽しいですよ。

僕はバンド活動で全国の学校に行く度に、たくさんの小中学生達と会います。
そこでね、彼らにいつもこういうんです。
「社長になりたいやついるか!?」
そうしたらたくさんの子供達が手を挙げてくれるんです。
みんな夢を持ってるんです。僕も小学校三年生のときからいつか自分が考えたモノを創ってみたいってずーっと考えてた。
だからね、彼らに伝えるんです。
「夢の叶え方を教えてあげるよ!」って。

彼らがこれから大きくなっていった時に、モノを創りたかったらプラスティックスに来いって伝えたいですね(笑)

モノづくりに悩んでいる方にアドバイスをお願いします。

とにかく今すぐプラスティックスさんのところに来てほしいですね(笑)
僕もそうでしたが、自分で考えたアイディアをカタチにしようとするとき、どうしても自分で答えをみつけようとしてしまうんです。

でもそれは間違い。

答えを持ってくるのではなく、ここに手ぶらで来て、答えを見つけにきてほしい。
それで十分だと思います。

最後に、プラスティックスに期待すること教えてください。

今のまんまのモノづくりへの姿勢で、日本中のモノづくりを愛する人々に夢と希望と利益を与え続けてほしいです。

鈴木様、お忙しい中ありがとうございました。 取材日時2013年6月

jewe.La様写真

会社概要
Jewe.La株式会社
業務内容
食器・雑貨・衣料・アクセサリーの業務及び小売り
       
住所
福井県鯖江市下野田4丁目1番3号
HPアドレス
http://www.jewe.la/index.html

デザイナーが仕事をしたくなる会社です。行き着くところがここだったと思います。

Dorf Design 代表 大正 一哉様

1955年福井市出身。国内だけでなく海外でもご活躍中のインダストリアルデザイナー。ヤマハモーターサイクルデザイン担当、ソーラーカーデザインでグランプリを受賞の他に家電、カメラ、眼鏡、レジャー用品、工業機器等数多くの製品や商品をデザインされ、現在では後進を指導する立場としてデザイン学校の講師も務める。生徒には全国的に活躍するデザイナーも多数。幅広くご活躍中の大正様にお話を伺いました。

Dorf Design様について、教えてください。

プロダクトデザイン全般として車や家電、眼鏡の他、ソーラーカーやITツール、医療器具等々様々なデザインを行っております。 最近ではデザイン学校の生徒だけでなく一般の方、学生の方にもデザインについて指導しています。

大正様にとってのデザインとは?

私のモットーは「中身変われば外観変わる」「素材が変わればデザインが変わる」です。
とにかく科学が無限に進化するように「デザイン」はキリが無いと考えています。
例えば今進行中の「傘立て」のデザインをする際、私はカタチから考えるのではなく「傘がその傘立てに入りたいと思うのか?」「傘が入って痛い思いはしないだろうか?」を考えます。
その根底にはモノが人に優しいだけでなく、その生み出す人もモノに優しくするべきだという思いがあるからです。


カタチを整えるだけがデザインでは無いのですね?

かなり古い話ですが眼鏡のデザインを依頼されたことがありました。
ただ、その内容というのが「色とカタチだけ新しくしてくれればいいから」
当時から「デザイン」自体の認知度が低かったのかもしれませんが、色とカタチだけ整えるのであればそれはデザイナーではなく、「スタイリスト」になってしまいます。
特に私の地元の福井県は「素材」を扱っている会社がとても多いんです。
でもね、コンセプトやユーザーのことを考えてデザインすることができる人が少なかった。
そういうことも経験したので、現在では私は多くの生徒に本当のデザインを理解してほしいという思いでデザイン教育に力を入れています。

プラスティックスとのきっかけは?

Dorf Design様写真

あるお客様が特許商品を開発したのですが、実際に製品化したところ
「みっともない」状態の製品が出来上がってしまったのです。
「これじゃあ売れない」
ということで、私にデザインについてのご相談があり、そこから商品化までのお手伝いをしてくれる企業を探していたところ、知人の紹介で御社を紹介していただきました。

当社を初めて知ったとき、どんな印象を受けましたか?

御社というより、小竹部長に驚きましたね(笑)
打ち合わせ中もどんどん製品化についてのご提案をたくさんもらっていたのですが、その後の懇親会でもお酒を飲みながら
私の話を一生懸命メモ帳に書かれていたんです。「どれだけ仕事が好きなんだろう」
と思って、すごく衝撃を受けました。

さらにびっくりしたのが翌日「あの・・・メモ帳に書いていたことなんですが、ちょっとわからなくて・・・」と
困った顔で私に言ってこられたのです。
もう、笑いが止まらなくて(笑)

とにかくモノづくりの姿勢、お客様のことを考えるという姿勢は本当にすごく、仕事も速い。でもなにより人が魅力的ってことですかね。素直に直球で来てくれるので安心していろんなことを話できます。

また、社内スタッフの方達も一丸となってスピーディーに取り組んでくれているので、こちらもどんどん意見が言えて、カタチにしていくのが嬉しく思えます。

プラスティックスを選んだ決定的な理由は何ですか?

選ぶ、というより選ばざるを得なかったという方が的を得てるかも(笑)
最初の打ち合わせからずっとそうなんですが、とにかく「ワクワク」するんです。
どんな案件に対しても素早い対応をしてくれて、またカタチにするのが早いんです。だからこっちもどんどん妄想が膨らむ(笑)
もっと良くしよう、もっと良いモノを創ろう!そんな気持ちにさせてくれる会社です。

実際にお取引されて良かったところはなんですか?

Dorf Design様写真

もっとデザインしてみたい!と思わせてくれるところですね。
個人的に将来がとても楽しみな会社です。とても楽しみな会社、
ワクワクさせてくれる会社!です。
「おお!福井にもこんなに元気な会社があるんだ、見つけてしまった。」
って感じです(笑)
いろんな素材の組み合わせ、拵え(こしらえ)方や、新しい加工技術を提案してくださるので、「次は何を見せてくれるんだろう」と訪問するたびに楽しみにしています。

モノづくりに悩んでいる方にアドバイスをお願いします。

そうですね、まずは小竹部長に話をされてはいかがでしょうか?自社でもがいていてもなかなか解決策は見つからないかもしれません。
概念にとらわれてしまっていては、その先が見えないんです。思い切って相談することが、悩みを早く解決してくれると思います。

最後に、プラスティックスに期待すること教えてください。

もっともっと情報を発信してほしいですね。こんなに元気な会社が福井にあることを。
そして私も一緒にモノづくりの問題解決に協力できたらと思います。
デザインで困ったらDorf Design、拵える(こしらえる)のはプラスティックスさんで、みたいに(笑)

大正様、お忙しい中ありがとうございました。 取材日時2013年6月

会社概要
Dorf Design
業務内容
プロダクトデザイン全般
住所
福井県福井市春山2丁目5番3号
Eメール
ichiya@dorf-design.com
Mobile
090-8095-3018
代表番号
0776-27-9972

思い切ってお客様に聞きました。当社を選んでくれたのはなぜ?わかったんです。その5つの理由

Ansewr01 すごい一貫体制。

単なる加工会社ではありません。企画・デザイン・マーケティングをはじめ、加工・印刷・組立・在庫管理・発送管理まで全部やります。あなたの負担を一気に減らします。だからトータルコストが下がるんです。

Ansewr02 モノづくりの実績数がすごい。


創業20年。プラスチック、アクリル、樹脂素材、その他いろんな素材を使ってお客様のご要望、ご用途に応じたモノを創り続けてきました。その数 24,000。どこにも負けない自信があります。

Ansewr03 モノづくりの視点が違う。

当社はお客様が考えたアイディアをカタチにするノウハウを持っています。成形、切削、板加工、ブロー射出。いろんなモノづくりの製法を最大限に駆使し、最適なコストパフォーマンスで最大の結果を残します。あなたの想いを必ずカタチに。

Ansewr04 表現力がすごい。

当社オリジナル印刷技術、PSP印刷。厚みのある素材でも美しいグラフィックの再現、色の演出が可能。シルク印刷以上の高精細画像を表現できます。(特許出願中)エンドユーザーの心を虜にします。

Ansewr05 世界基準。

世界中に散らばる当社のモノづくりネットワーク。高機能樹脂加工、特殊印刷、特殊加工をもとに試作開発、製品化を日々行っています。世界で通用するモノづくり技術

後悔させません!モノづくりのことなら私たちにお任せください!

あなたのお悩みを教えてください!

ご相談はこちらから:0776-33-3111/受付時間 9:00~17:00(土日祝休み)

メールでのご相談はこちら

でも・・・なんだか期待できそうだけど、やっぱり初めて問い合わせするのは不安

初めてお問い合わせするとき、こんな不安ありませんか?

■新商品開発なので、簡単に情報が漏れるのは絶対嫌だ。■対応は早いのか?いくら中身が良くても対応が遅いのはとても困る。■アイディアはあるけど、うまく表現できないし、伝えられない。■イメージしている商品の素材が実際はどのようなものか知りたい。■試作してほしいが、費用は抑えたい

ご安心ください!お約束します!

●絶対秘密厳守!情報は絶対漏らしません!●お問い合わせをいただいたら、24時間以内に必ず対応!●図面作成無料!●無料素材サンプルプレゼント!

お問い合わせから商品完成までの流れ

PLASTICS 提案力・スピード・技術力生産力・モノづくりの姿勢 どこにも負けません!

最後に・・お忙しい中、最後までお読み頂きありがとうございました。あなたに少しでもお役に立てる部分があればとても嬉しいです。

当社の事業や技術力、そしてスタッフ一同の気持ちが伝わり、あなたにとって良きモノづくりのパートナーとしてふさわしいと思っていただければ、今すぐご連絡ください。

あなたからのお問い合わせを心からお待ちしております!

モノづくりはプラスティックスにおまかせください!

お問合せフォーム

お問合せ内容の入力

企業名

※法人様のみ受付しております
お名前
住所
メールアドレス

※携帯のメールアドレスはご利用できません。
TEL

(例)000-000-0000
ウェブサイトアドレス
メッセージ
製作内容の詳細の他、差し支えない範囲で使用目的や素材の材質、色の詳細。また、分かる範囲で、契約にあたり、秘密保持の必要性や、知的権利の状況などがあれば記入ください

製品についての情報※製品についてお分かりになる情報があればご記入ください

参考資料の有無
(図面・イメージ図・写真等)
添付資料
※添付資料がある場合はこちらに添付下さい。(ファイル形式 PDF、DXF、DWG、JPG)

※ファイル名は英数字にてお願いします。
制作数
ご予算(もしくはご希望単価)
ご希望納期

個人情報保護方針

当社は個人情報の重要性を認識し、取扱には細心の注意を払い、以下の取り組みを実施しております。

※お客様の個人情報とは氏名、住所、電話番号、FAX番号、電子メールアドレス、等の情報の単体・組み合わせにより、お客様個人を特定することができるものを示します。

(1)お預かりした個人情報は、本人様へのご連絡やご返答・情報提供を行うためにご利用させていただきます。
  • ご質問やお問合せに対してお返事をするため
  • 資料請求の申込みに対してお返事と資料をお送りするため
  • リクルートのエントリーに対してお返事と資料をお送りするため
  • お客様に有益と思われる当社の商品・サービスの情報をご連絡するため

※お申し出いただければ、サービス情報の送信を中止させることができます。

(2)当社は、取り扱う個人情報の漏えい、滅失または棄損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
(3)当社は、従業員に個人情報を取り扱わせるにあたっては、当該個人情報の安全管理が図られるよう、当該従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。
(4)個人情報の利用は、利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて行うものとします。

ただし、次の各号に該当する場合は、お客様等情報主体の事前の同意を得ることなく、お客様等情報主体の個人情報を第三者に提供したり、利用目的の範囲を超えて利用することがあります。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様等情報主体の同意を得ることが困難である場合
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様等情報主体の同意を得ることが困難である場合
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様等情報主体の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

お客様情報の相談窓口

お客様情報保護方針およびお客様情報についてのお問い合わせは、
以下の窓口にて承っております。

株式会社プラスティックス

E-mail:welcome@plastics-jp.com(本社)

個人情報管理 責任者:代表取締役 大澤重弘

私達、プラスティックスの紹介です。よろしければ、こちらも見てください。

  • アクリルのプロがあなたの想いをカタチにします。プラスティックス
  • 化粧品・アルコール飲料の什器ならプレンティ
  • アクリル素材専門雑貨ショップacrycl (アクリクル)
  • ペット位牌販売サイトacrycl With (アクリクル ウィズ)
Copyright@株式会社プラスティックス All rights reserved.