取扱素材(アクリル事業)

弊社ではプラスチックと呼ばれている樹脂を用いて、切断・穴あけ・曲げ・接着等の加工を行い製品を作っています。 プラスチックと言っても何種類もあり、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂に分類されます。 その中でも弊社が主に使用している材料がアクリル、ペット、塩ビの3点となります。 お客様の用途、目的を教えていただければ、経験豊富なスタッフが最適な材料をご提案させていただきます。
主な材料の比較表
 
透明度板の厚み色の種類対衝撃性耐熱性
アクリル標高安定/バラ多い
ペット安定極少
塩ビ安定多い
※3種の材料の比較となります。また、弊社比であり、必ずしも上記の違いを保証する物ではありません。

アクリル(メタクリル樹脂:PMMA)

弊社が製作するディスプレイツールだけではなく、看板や照明カバー、水槽などもアクリルで作られています。 アクリルは製造工程の違いで大まかに2種類に分類され『押出板』と『キャスト板』があります。
押出板:
溶かした原料を押出機よりシート状に押し出し、規格サイズにカットして板を製造。
キャスト板:
ガラス平板で枠を作り、その枠内に溶かした原料を流し込む。ガラス板を上から押さえ込み、板を製造。

※押し出し、延ばされる物と、押し固められる物では原料自体の密度(分子量)自体が違うため、製造法の違いから名称が違うだけでなく、性質も違ってきます。

【共通性質】
長所透明性が高い
対候性が良い
短所対衝撃性が低い
燃焼性が高い(炎など着火物を直接当てた場合
熱をかけた部分に対して、一部の有機溶剤でクラック(ひび割れ)が発生する

ペット(ポリエチレンテレフタレート:PET)

飲料容器のペットボトルや衣料フリースの原料などに使用されており、弊社ではアクリルの補助的な部分で主に使用しています。 ペットは純粋な原料から作られる『Gペット』と再生原料より作られる『Aペット』に分類され、性質も違ってきます。
【共通性質】
長所透明度が高い(アクリルに次いで)
対候性が良い
対衝撃性が高い
短所熱に弱い
表面硬度が低い(傷つきやすい)
取扱素材
加工技術
製品紹介